案内

違いを知っておく

レンタル倉庫との違い

倉庫

物流倉庫は、最近注目されているレンタル倉庫とは少し異なります。 大きな違いは、物流サービスに対応するかしないかということです。 物流倉庫は、レンタル倉庫と同じく一般の荷物を保管できるだけでなく、物流サービスの全てまたは一部に対応しています。 物流サービスとは、検品・入庫・仕訳・流通加工・出庫・配送手配までを言います。 この全てに対応できる物流倉庫もあり、幅広く支持を受けています。 これまでの倉庫は、物流で使用する場合も、ただ単に物を保管しておくためのものでした。 しかし時代のニーズは大きく変化しています。 目まぐるしく変わる流行に対応できるだけの素早さが、物流にも求められるようになったのです。 物流倉庫は、まさにそのニーズに対応するサービスと言えます。

物流倉庫でできること

物流倉庫の使用で受けられるサービスは業者により様々ですが、 下記のような対応をしてくれる業者も多くあります。 まず、物品の入庫時の検品や点検。 物の数を記録し、不良品の返品までしてくれる業者もあります。 入庫が終わったら、品質を保てるようそれぞれの物品に適した倉庫に振り分け、出荷まで手厚く保管します。 その後は実際に流通させる準備をし、タグやシールの貼付、袋詰めや箱詰め、伝票の封入も行い、完全な状態で出庫させます。 つまり、物流倉庫には倉庫業務の全般を任せることができ、 依頼者は本来の業務に集中することができるのです。 物流サービスの人員確保や、物の管理方法の技術向上などを考えなくて済むため、 このようなフルパッケージのサービスは大変人気があります。

Copyright © 2015 倉庫を利用したいなら専門の不動産会社を探そう|便利な貸倉庫 All Rights Reserved.